22世紀の翻訳会社

翻訳会社への就職

翻訳会社のトライアルとはどんなものなのか?

翻訳会社が行う翻訳者の募集に応募した際に、必ず課されるものがトライアルというものです。
これは翻訳者の実力を測るために、翻訳会社が実務とほぼ同じレベルの翻訳課題を応募者に出すというもので、応募者は指定された日時までに、その翻訳トライアルを提出することになります。この出来具合を見て、翻訳会社は応募者の実力判定を行い、合格ライン以上の出来であれば、翻訳者として自社に登録することになるわけです。
翻訳者は、このトライアルに合格して登録されることにより、翻訳の仕事を出してもらえることになります。もっとも、登録されたからといって必ず仕事かくる、といった保証があるわけではありませんが、登録されていなければ、翻訳者は仕事を出してはもらえないのです。
フリーランスの翻訳者である場合、トライアルに合格して複数の翻訳会社に登録しておくことで、仕事を出してもらえる機械を多くしておく、というようにしているのが普通、と言えるでしょう。

翻訳会社への就職を考えているのならば

就職を考えているのなら もしも、翻訳会社への就職を考えているのならば、あらかじめ、どのようなことを頭に置いておくべきなのでしょうか。
もちろん、英語ができるようにしておく、ということは最低限のこととして、もはや、翻訳会社も言語能力だけでやって行けるという時代ではありませんから、そのことに対処できるようにしておかなければならないわけです。
翻訳にも様々な分野があるために、何らかの分野に特化した能力を持っている、ということが翻訳会社の必要条件ともなってきますので、そこへの就職を目指す人も、言語能力だけではなく、そうした分野の専門知識を身に付けておくことで、実際に入社して仕事を始めてからの土台となるものを用意しておく、といった取り組み方が必要とされていると言えます。
特に、文芸翻訳ではなく、実務翻訳を主としている会社である場合には、言語能力に加えて、その分野の専門知識というものが要求されることになりますから、そのことをあらかじめ頭に置いておいて、そちらにも取り組んでおくことが欠かせないのです。

menu contents

『翻訳会社 就職』 最新ツイート

@tsubakishirata1

@tsubakishirata1 美術系学校卒業後、ワイは広告系の会社へ就職。彼女は無職。曰く「日々美しいイラストを投稿してるのだから、出版社からそのうちスカウトが来るから、就職活動なんて時間の無駄」【翻訳】だそうで。因みに現在進行形でそう思い込んで無職生活だそうな。…うわあ。

9日前 - 2018年11月05日