22世紀の翻訳会社

研究用の洋書や資料の和訳

研究用の洋書や資料の和訳は翻訳会社に依頼

研究用の洋書や資料の和訳 グローバルな時代となった昨今において、仕事や研究を進める上で英語力は欠かせません。
日本は発展途上国ではありませんが、まだまだ英語圏の人々に習う事は山のように存在します。
また医療や科学技術、哲学、思想、IT、アニメーションといった特定分野に限っては米国が今でも世界をリードしており、米国の研究者が製作した書物が役立ちます。
研究や独学のため、洋書を読み解くには英語力が必要です。
潤沢な自由時間がある学生ならまだしも、社会人ともなれば仮に英語力に自信があっても、 分厚い洋書や大量の英文データを、一つ一つ翻訳する暇がありません。今では個人でも翻訳依頼を翻訳会社に出せます。
紙の分厚い洋書から専門誌、あるいはPDFファイルといった形のないデータも、翻訳会社に和訳してもらえますので、 本業をおろそかに出来ない研究者や経営者の方は、積極的にアウトソーシングサービスを活用すべきです。
僅かな量からでも翻訳依頼は可能ですし、見積もりや相談だけならタダですから、とりあえず連絡を入れてみましょう。

翻訳会社が委託をする翻訳者について

翻訳を必要とする団体や個人のために、翻訳のサービスを提供する専門企業に翻訳会社があります。
業務は、基本的にはフリーランスの翻訳者に委託をすることで行なわれており、企業側では、主に、営業、顧客との連絡、進行管理、翻訳原稿のチェックや校正が行なわることになります。
翻訳会社が委託をする翻訳者は、まず、トライアルと呼ばれる試験を受けることになり、合格をすることで登録されることになります。
企業側では顧客から翻訳の依頼を受けた場合には、翻訳物の内容と、翻訳者の得意分野や実績、また、能力などに関して総合的に判断をした上で適任者に仕事の発注を行ないます。
翻訳者に求められる条件に関しては翻訳会社によっても違いがありますが、概ね、専門分野での実務経験が3年以上となっており、英訳に関してはTOEIC900 点以上が求められることになります。
産業翻訳者に関しては、例えば、外国語から日本語への業務の場合には、外国語の能力の他に、日本語力や専門分野に関する知識も必要となり、他にも調査力や正確性、納期の厳守などが求められることになります。

menu contents

『翻訳 依頼』 最新ツイート

@osaki_syu

ウェブサービスの翻訳って誰に依頼したらいいんだろうな🤔 実績ある人なんてほとんどいないだろうし。

57分前 - 2018年11月15日


@terrysaitojp

翻訳会社へ翻訳を依頼する際、考慮した方が良いこと: ・年度末は避ける。 ・長期連休前は避ける。 理由は簡単。この時期は翻訳依頼が集中しトップ翻訳者だけでは仕事が回らず、2軍以下の翻訳者へ仕事を依頼することになるからです。翻訳会社も質を管理できていないので、その影響が直接出ます。

1時間前 - 2018年11月15日


@abesttschool

【特許和英 翻訳実践道場】 翻訳会社のトライアルに挑戦したが、不合格だった。 合格したが翻訳依頼が来ない。 そんなあなたの自覚していない弱みを洗い出し、強みへと変えていきましょう! ・毎週土曜日 13:00-14:30… https://t.co/qvPzQfQYly

2時間前 - 2018年11月15日