22世紀の翻訳会社

英語翻訳のアルバイト

英語の翻訳作業なら翻訳会社に依頼出来ます

熾烈な企業間の競争がある今、地方の中小企業もまたグローバルな視点でビジネスを展開しなければいけません。今までどおりの取引先とただ黙々とビジネスを進めるのも良い戦略ですが、日本の製品を高く評価してくれるアジア市場に進出した方が、新しい需要が期待出来ます。
実際に今では中国や韓国、台湾、シンガポール、タイ、ミャンマー等に進出する日本企業が相次いでいます。
アジア圏では主に中国系の言語と英語が広く人々に使われています。残念ながら日本語が通じる国は殆どありませんので、プレゼン資料やメールを作成する際は外国語でなければいけません。
翻訳会社に依頼 社内に英語マニアのスタッフが居れば、そういった作業を一任出来ます。しかし、大事なプレゼン資料や問い合わせのメールです。一個人に任せるのではなく信頼できる翻訳会社に、日本語の英訳を依頼した方が確実です。
翻訳会社では中小企業からの依頼を快く受け付けており、大口の依頼でなくても大丈夫になりました。文字通りメール一通からでも依頼出来ますし、パンフレット一冊程度の依頼であれば迅速かつ低コストで済みますので、海外進出を考える経営者は翻訳会社とのお付き合いを考えるべきです。

翻訳会社はアルバイトのために用語リストを作成する

ソフトウェア系の仕事を多く受注する翻訳会社は、アルバイト従業員のために関連用語をまとめたリストを作成しています。雇用形態がアルバイトの従業員のスキルは決して高いとは言えませんから、作業中に訳さなくても良い部分まで日本語に変換してしまうミスを防止することが翻訳会社の狙いです。
翻訳会社に舞い込んでくるソフトウェア系の仕事では、カタカナ言葉で構成された用語を多く扱うことが想定されます。とりわけ最新技術を総称して付けられた用語は既存の英単語を組み合わせたものも珍しくはなく、アルバイト従業員は勘違いを起こしがちです。
アルバイト従業員が仕上げた成果物に当該ミスが多々あれば、翻訳会社は納期に間に合わせるために修正作業のスケジュールを立てなければなりません。繁忙期であれば作業量が膨大になりがちなので、あらかじめ用語リストを作成して従業員に貸与する方法を取り入れることによって効率的に仕事が進むようになります。

menu contents

『翻訳会社 英語』 最新ツイート